スタッフとAIの共存により会員へのサポートを強化できる点に魅力を感じて導入!

2021年03月10日

アスティスポーツクラブ八田         

アスティスポーツクラブ八田(https://www.asty-sports.co.jp/hatta/)は、プレミアムサポート株式会社(https://www.asty-sports.co.jp/kyotu/company.html)が運営する総合フィットネスクラブです。プレミアムサポート株式会社は、愛知県に総合フィットネスクラブから24時間フィットネスクラブまで5店舗を展開しております。

 

今回は、アスティスポーツクラブ八田のマネージャーである村瀬様に導入インタビューをさせていただきました。

 

会員満足度を向上できる手段を模索していた

Q1 アスティスポーツクラブ八田の特徴を教えてください!

 

村瀬様:一言で表すと、「会員様1人1人に寄り添う地域密着型のスポーツクラブ」です。入会時に1人1人カウンセリングを行い、ジムに通う目的や悩みなどをヒアリング&体組成分分析を行い、それにあったトレーニング方法やマシンの使い方をアドバイスしております。

 

(引用元:https://www.asty-sports.co.jp/hatta/support.html)

 

実際に、「目標に向かって一緒に向き合ってくれるスタッフがいるから、楽しく続けられる。」など会員様から嬉しいお言葉をいただいております。

 

Q2 GYMDXを導入した背景にはどんな課題がありましたか?

 

村瀬様:当ジムの魅力かつ強みである「サポート体制の充実による高い会員満足度」をさらに伸ばしていくための手段を常に模索していました。ありがたいことに、今のサポート体制でも会員様にご評価いただいておりますが、もう一歩先を目指すには、スタッフだけに頼ったサポート体制を変えていかないといけないと考えておりました。

 

 

つまり、今までにない「何か」を取り入れることが必要だと思っておりましたが、その「何か」を模索している状況でした。

 

スタッフとAIの共存により会員満足度を向上させるイメージができた

Q3 GYMDX以外のサービスも検討されましたか?

 

村瀬様:いくつか検討したサービスもありました。例えば、会員専用アプリに混雑率を表示させるサービスなどは非常に魅力的でした。しかし、導入に至らなかった理由としては、混雑率の入力をスタッフ側で手動で行う必要があるなど、スタッフ側の手間が大幅に増えてしまう点でした。

 

(引用元:https://www.asty-sports.co.jp/hatta/shisetu.html)

 

そんな最中、GYMDXのお話をいただき、AIを活用することで、スタッフの手間も増やさずに、会員満足度の向上が可能だとイメージできました。

 

Q4 GYMDXの特にどんな点が決め手になりましたか?

 

村瀬様:スタッフとAIの共存により、会員満足度を向上させられるイメージができたことですね!

 

まず、「AI監視」は、従来のスタッフによるのジム内の監視に加え、AIでも監視することで、会員様へより安心感を与えることが可能となる点は非常に魅力的でした。

 

また、「器具利用率分析」は、「利用率の高い器具を可視化すること」=「会員様の求めている器具を知ること」であると考えてます。そのデータを用いることで、会員様の求めている器具を増やしていければ確実に会員満足度は向上できると思います。

 

最後に、「AIと連携した会員専用アプリ」は、会員がアプリ内で簡単にジムエリア内の混雑率を把握でき(AIで自動計測)、トレーニング記録を可視化することができる点に魅力を感じました。また、そのトレーニング記録をスタッフ側でも把握することが可能なので、データに基づいた声がけを会員様ごとにできることは非常に魅力的です。

 

会員様の目標達成をサポートできるスポーツクラブへ

Q5 GYMDXを活用して目指す未来を教えてください!

 

 

村瀬様:会員様はそれぞれ、ジムに通われる際に目的(目標)を持っています。その目的(目標)を達成できるようにサポートすることが当ジムの存在意義です。GYMDXは、そのサポートの質を向上させるためには、必ず必要なものだと思っています。

GYMDXを活用し、今以上のサポートができるように精進していきたいと思います!

 

令和のジムの運営は
AIと人間の共存」だ。

  • まずはお気軽にお問い合わせください。
    専門スタッフが気になられた点の詳細を
    ご説明をさせていただきます。

    050-3557-2738
  • 令和のジムの運営は「AIと人間の共存」だ。